千葉 市原 保育園児の列に軽乗用車が接触 74歳の運転手を逮捕

9日午前、千葉県市原市で横断歩道を渡っていた保育園児の列に軽乗用車が接触する事故があり、園児4人を含む6人が病院に搬送されました。

このうち3歳の男の子は重傷で、警察は、74歳の運転手を過失運転傷害の疑いで逮捕し、事故の状況を調べています。

9日午前10時すぎ、市原市青柳北で、交差点を右折しようとした軽乗用車が、横断歩道を渡っていた保育園児の列に接触しました。

警察によりますと、この事故で2歳と3歳の園児4人と引率の保育園の職員2人が病院に搬送され、このうち3歳の男の子1人が頭の骨を折る重傷を負いましたが、命に別状はないということです。

また、ほかの5人は打撲やかすり傷などを負ったということです。

警察は、軽乗用車を運転していた市内に住む田中喜代子 容疑者(74)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。

調べに対し、「右折中に歩行者に気づいてブレーキを踏んだが、間に合わなかった」などと供述しているということで、警察は詳しい事故の状況を調べています。

現場は、JR内房線・五井駅から西に2キロ余りのところにある交差点です。

事故現場の近くに住む男性は

事故現場の近くに住む80代の男性は、「救急車の音がして外に出ると園児たちが歩道に座り込んでいましたが、泣いているような様子はありませんでした。この道は毎日、園児たちが散歩していますが、はぐれないよう1本のロープをみんなで握りながら歩くなど、いつも安全には注意している様子でした」と話していました。