関東から九州にかけ各地猛暑日 宮崎38度超 夜も熱中症対策を

9日も関東から九州にかけての各地で猛暑日となり、宮崎県では38度を超える危険な暑さとなりました。

10日の朝にかけても広い範囲で熱帯夜が予想されているため、夜間も熱中症対策を続けて下さい。

気象庁によりますと、9日も関東から九州にかけての各地で猛烈な暑さとなり、日中の最高気温は宮崎県日向市で38.5度と危険な暑さとなったほか、茨城県土浦市で37.5度、三重県紀北町で37.2度、大分県中津市で37度ちょうど、山口市で36.6度、静岡市で36.1度、福岡市で36度ちょうどを観測しました。

西日本や東日本では10日の朝にかけても各地で気温が25度を下回らない熱帯夜が予想されるため、夜も適切にエアコンを使用し、寝る際は枕元に水を置き、のどが渇いていなくてもこまめに水分を補給して下さい。

また、10日の日中も猛烈な暑さとなるところがある見込みで、東京の都心やさいたま市、大分市で35度、横浜市や静岡市、松山市、宮崎市で34度などと予想されています。

湿度も高く気象庁と環境省は10日も熱中症の危険性が極めて高まるとして、千葉県と長崎県、熊本県、鹿児島県の奄美地方、宮古島地方を除く沖縄県に「熱中症警戒アラート」を発表しています。

このところの暑さで熱中症で病院に搬送される人が急増し、亡くなる人も相次いでいます。

お年寄りや乳幼児は熱中症にかかりやすいため、家族など周りの人たちも気を配るようにしてください。