立民 都知事選 蓮舫氏3位で野党間の連携 議論活発になる見通し

東京都知事選挙で蓮舫氏が3位に終わったことを受けて、立憲民主党では秋に控える代表選挙を見据え、共産党など、野党間の連携の在り方について議論が活発になる見通しです。

現職の小池知事が当選した今回の東京都知事選挙では、立憲民主党が共産党とともに支援した蓮舫氏が、政党の支援を受けなかった石丸伸二氏にも及ばず3位に終わりました。

また、共産党と選挙区をすみ分けて3人を擁立した都議会議員の補欠選挙でも獲得は1議席にとどまりました。

立憲民主党内では「共産党との連携を前面に出したことで無党派層への支持が広がらなかった」として、野党間の連携のあり方が改めて問われるといった指摘がある一方、「共産党の支援がなかったら、もっと厳しい結果になっていた」という見方も出ています。

立憲民主党は今後、敗因などを分析するほか、11日には泉代表ら執行部が、共産党との連携に否定的な連合の芳野会長らと会談する予定で、今回の選挙結果についても意見が交わされるものとみられます。

党内では秋に控える代表選挙を見据え、共産党など野党間の連携の在り方について議論が活発になる見通しです。

立民 小沢氏「共産党頼みが透けて見えている」

立憲民主党の小沢一郎衆議院議員は、記者団に対し「無党派層の票は本来、蓮舫氏が取るべきところ、石丸氏や小池氏に行ってしまった。共産党頼みが透けて見えているから『立憲共産党』などと言われる。『共産党の応援はいらない』と言う必要はないが、東京の場合は、あまりにも見え見えだ。共産党を排除するとかしないとかではなく、まずは自分がしっかりすることだ」と述べました。

また、ことし秋に予定されている党の代表選挙について「政権を取るため野党共闘の体制を構築する執行部でなければダメだ。国民民主党や日本維新の会と力を合わせなければ選挙に勝てないことは分かっている。泉代表だったらまたダメになる」と述べました。

国民 玉木代表「立民は共産との連携を見直すべき」

国民民主党の玉木代表は記者会見で「蓮舫氏は知名度が高く、無所属で広く有権者に支持を訴える戦略だったと思うが、共産党と組んだ『立憲共産党』と言われる枠組みにより、無党派層の支持の広がりを欠いたことは間違いない。小池知事が初当選した8年前の選挙で、当時の民進党や共産党などが推薦した鳥越俊太郎氏よりも低い得票だった」と述べました。

そのうえで「共産党が強い東京で通用しなかったのだから、立憲民主党は共産党との連携を見直すべきだ。そうでなければ次の衆議院選挙は厳しいものになり、政権交代など夢のまた夢となる。泉代表とは率直に近いうちに会って話そうと思う」と述べました。