住宅で70代男性が死亡 熱中症か きのう大分 国東で

7日、大分県国東市の住宅で、70代の男性が倒れているのが見つかり、その場で死亡が確認されました。消防によりますと、死因は熱中症とみられるということです。

国東市消防本部によりますと、7日午後7時ごろ、国東市横手に住む70代の男性が自宅の中で倒れているのが見つかりました。

消防によりますと、寝室で寝ていた男性に家族が声をかけると、呼びかけに反応しなかったことから、119番通報したということで、駆けつけた救急隊がその場で死亡を確認しました。

死因は熱中症とみられるということです。

国東市国見では、7日の最高気温が33.9度を観測していました。