東京 熱中症の疑いで2~102歳の185人が救急搬送

東京消防庁によりますと、都内では8日午後9時までに、2歳から102歳までのあわせて185人が熱中症の疑いで救急搬送されました。

このうち、50代から90歳以上の7人が重症、10代から90歳以上の66人が中等症、2歳から90歳以上の112人が軽症だということです。

東京消防庁は、のどが渇く前にこまめに水分を補給するほか、室内で適切に冷房や扇風機を利用するなどして、対策を徹底するよう注意を呼びかけています。

埼玉 113人搬送(~午後4時)

埼玉県消防課によりますと、8日午後4時の時点で、熱中症の疑いであわせて113人が救急搬送されたということです。

午後4時時点の人数としてはことし最多で、初めて100人を超えました。

このうち、重症が5人、中等症が43人、軽症が65人となっています。

また、年代別では65歳以上の高齢者が72人、18歳以上65歳未満が37人などとなっています。

県はエアコンを使ったり水分をこまめに補給したりして、熱中症の対策を徹底するよう呼びかけています。

千葉 67人搬送(~午後4時)

千葉県によりますと、県内では8日午後4時までに67人が熱中症の疑いで搬送されたということです。

このうち3人が3週間以上の治療が必要な重症だということです。

県は、エアコンの適切な使用やこまめな水分補給など、熱中症の対策を徹底するよう呼びかけています。

神奈川 40人搬送(~午後3時)

神奈川県によりますと8日午後3時までに県内では40人が熱中症の疑いで搬送され、このうち5人が重症だということです。

搬送された40人のうち28人が、65歳以上の高齢者でした。

群馬 21人搬送(~午後3時)

群馬県によりますと、8日午後3時までに県内では15歳から93歳までのあわせて21人が熱中症やその疑いで病院に搬送されたということです。

このうち、重症が3人、中等症が11人、軽症が7人となっています。

県はエアコンの適切な使用やこまめな水分補給など、熱中症の対策を徹底するよう呼びかけています。

栃木 9人搬送(~午後4時)

栃木県によりますと、8日県内では午後4時時点であわせて9人が熱中症の疑いで搬送されたということです。