埼玉 鳩山町長選挙 小川知也氏 28歳 初当選 全国で最年少

任期満了に伴う埼玉県鳩山町の町長選挙は、現職としては全国で最も若い町長となる28歳の小川知也氏が初めての当選を果たしました。

鳩山町長選挙の開票結果です。

▽小川知也、無所属、新。当選。3136票。

▽小峰孝雄、無所属、現。1954票。

▽大賀広史、無所属、新。1707票。

▽安澤美佳、無所属、新。142票。

新人の小川氏が、5期目を目指した現職など合わせて3人を破って初めての当選を果たしました。

小川氏は平成8年生まれの28歳。

全国町村会によりますと、現職の町長で最も若い35歳の奈良県田原本町の町長より若く、全国で最年少になるということです。

衆議院議員の秘書などを経て、町長選挙に初めて立候補しました。

小川氏は「町民と対話を重ねてきた結果だと思う。若い人の政治離れが進む中でわたしが町長になることで関心を持ってもらい明るい未来を築きたい」と話しています。

前回・4年前は無投票で、今回の投票率は60.70%でした。