鹿児島県知事選挙 塩田康一氏 2回目の当選 自民 公明 国民推薦

任期満了に伴う鹿児島県知事選挙は、無所属の現職で自民党と公明党、国民民主党が推薦した塩田康一氏(58)が2回目の当選を果たしました。

▽塩田康一(無所属・現)当選 33万7357票
▽米丸麻希子(無所属・新)18万608票
▽樋之口里花(無所属・新)5万3317票

自民党と公明党、国民民主党が推薦した塩田氏が、元県議会議員の米丸氏らを抑え、2回目の当選を果たしました。

塩田氏は、鹿児島市出身で58歳。1988年に現在の経済産業省に入ったあと、2018年からは九州経済産業局の局長を務め、前回・4年前の知事選挙で初当選しました。

選挙戦で塩田氏は、新型コロナの感染対策などに取り組んだ1期4年の実績をアピールし、農林水産業や観光関連産業など基幹産業の「稼ぐ力」の向上や、離島振興などに取り組むと訴えました。

その結果、推薦を受けた自民党と公明党、国民民主党の支持層を固めたほか、いわゆる無党派層などからも幅広い支持を集めました。

塩田氏「県政発展のために取り組んでいきたい」

塩田氏は「幅広い県民のみなさまのご支援を頂いたことをありがたく思っている。県政に対する熱い期待を肌身に感じ、今後の4年間に向けてしっかりとまた取り組んで行かなければならないと決意を新たにしたところだ。今後4年間、さまざまな多岐にわたる大きな課題があるが、引き続きご支援を賜りながら一緒に県政発展のために取り組んでいきたい」と述べました。

確定投票率 44.76% 前回を5.08ポイント下回る

確定投票率は44.76%と、前回・4年前の選挙の49.84%を5.08ポイント下回りました。県知事選挙の投票率は平成5年の選挙で初めて50%を下回り、平成8年の選挙では37.66%と過去最低を記録しました。

その後、平成16年の選挙では60%台に回復しましたが、平成20年以降、30%台後半から50%台で推移しています。