あす 東日本中心に危険な暑さも 日本海側は激しい雨のおそれ

3日は全国的に厳しい暑さとなり、高知県では最高気温が37度を超えてことし全国で最も高くなりました。4日は東日本を中心にさらに気温が上昇して東海では38度の危険な暑さも予想され、熱中症に警戒し、冷房を適切に使ったり、こまめに水分を補給したりするなど対策をとってください。

気象庁によりますと、3日は西日本や東日本を中心に高気圧に覆われて晴れ、暖かい空気も流れ込んで気温が上昇しました。

日中の最高気温は
▽高知県四万十市西土佐で37.1度とことし全国で最も高くなったほか
▽宮崎市で36.2度
▽鳥取県米子市や静岡県浜松市船明で35.9度
▽富山市で35.8度
▽福岡空港で35.1度などと
西日本を中心に44の観測点で猛暑日となりました。

また
▽東京 練馬区で34.8度
▽名古屋市で34.4度
▽広島市や北海道の釧路市阿寒徹別で33.5度など
ことし1番の暑さとなったところが相次ぎました。

4日は太平洋高気圧の勢力が強まるため、東日本を中心にさらに気温が上がる見込みです。

最高気温は
▽静岡市で38度と危険な暑さが見込まれているほか
▽埼玉県熊谷市や甲府市で36度
▽宮崎市や京都市、名古屋市、さいたま市で35度と
猛烈な暑さが予想されています。

また
▽福岡市や大阪市、東京の都心、横浜市、千葉市、福島市で33度
▽北海道帯広市で30度などと厳しい暑さが続く見込みです。

気象庁と環境省は、熱中症の危険性が極めて高まるとして、▽沖縄県の沖縄本島地方と八重山地方、▽奄美地方を除く鹿児島県、▽福岡県、▽長崎県、▽大分県、▽徳島県、▽和歌山県、▽三重県、▽静岡県、▽千葉県、▽埼玉県に「熱中症警戒アラート」を発表しています。

気温が急に高くなるこの時期から熱中症で搬送される人が増える傾向にあります。熱中症に警戒し、我慢せずエアコンを使用したりのどが渇いていなくてもこまめに水分を補給したりするなど、対策を取ってください。

あすにかけ東~北日本の日本海側中心に激しい雨のおそれ

前線の影響で、東日本と北日本の日本海側を中心に4日にかけて、雷を伴って非常に激しい雨が降るおそれがあり、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、日本海から東北を通って日本の東にのびる前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、東北などで局地的に雨雲が発達しています。

前線は4日にかけて南下する見込みで、北陸や新潟県、それに東北の日本海側を中心に大気の状態が不安定になり局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降るおそれがあります。

4日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、北陸と新潟県、東北で120ミリと予想されています。

これまでの雨で地盤が緩んでいるところがあり、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒し、落雷や突風に注意するよう呼びかけています。