中国の公園でアメリカから派遣の大学教員など5人刺される

中国東北部の吉林省の公園でアメリカの大学から派遣されていた教員など5人が刃物で刺され、警察は地元に住む男の容疑者を拘束しました。

中国の警察によりますと、アメリカ中西部アイオワ州にある「コーネル・カレッジ」から中国の大学に派遣されていた教員4人と中国人観光客1人が10日、東北部の吉林省吉林の公園で突然、男に刃物で刺されました。

ロイター通信が配信した現場の映像には、公園で刺されたとみられる人たちが地面に倒れている様子が写っています。

警察は11日夜になって事件が起きたことを発表し、地元に住む55歳の男の容疑者を拘束したとしています。

刺された5人は治療を受けており、命に別状はないということです。

警察は、当時の状況や動機などを詳しく調べています。

警察の発表前に開かれた中国外務省の定例会見では、外国メディアの記者から質問が相次ぎ、林剣報道官は「関係する偶発的な事件が両国の交流の正常な発展に影響を与えることはない」と強調しました。

習近平国家主席がアメリカとの関係の安定に向けて民間交流の活性化を呼びかける中、中国政府として影響を最小限に抑えたいねらいがあるとみられます。