兵庫 相生 小型ヘリが高校のグラウンドに緊急着陸 2人けがなし

10日午後、兵庫県の上空を飛行していた小型ヘリコプターが、エンジンの不具合のため、相生市内の高校のグラウンドに緊急着陸しました。乗っていた2人にけがはありませんでした。

国土交通省によりますと、10日、名古屋空港から岡山市の岡南飛行場に向かっていた小型のヘリコプターが、兵庫県の上空1400メートル付近を飛行中、エンジンの出力が低下して、午後4時前に相生市の「相生学院高校」のグラウンドに緊急着陸しました。

着陸したのは岡山市に本社がある「匠航空」の4人乗りの小型ヘリコプターで、11日も操縦席などがシートで覆われた状態でグラウンドにとどまっていました。

乗っていたパイロットなどの社員2人にけがはなく、また、高校は通信制で、当時グラウンドに人はいなかったということです。

匠航空が運航するヘリコプターは、先月、熊本県阿蘇市で遊覧飛行をしていた際、空き地に不時着し、乗っていた3人が大けがをする事故が起きています。

匠航空は今回の着陸について、「手順どおり、法律にのっとって運航したという認識で、現時点で原因が分かりません。調査に適切に協力していきます」と話しています。

国の運輸安全委の事故調査官 現地で機体を調査

ヘリコプターが緊急着陸した高校のグラウンドには、11日午後1時半ごろ、国の運輸安全委員会の事故調査官2人が到着しました。

ヘリコプターが着陸したとみられるグラウンドの中央部分の写真を撮ったり、機体を確認したりして調査にあたりました。

運輸安全委員会の白瀬正健航空事故調査官は「飛行中、エンジンが継続的な出力低下を起こしたことによる、重大インシデントと聞いている。機械トラブルの調査を中心に、人的要素や天候など多角的な分析を行う。持ち帰ったデータを分析し、1年以内に報告書をまとめたい」と話していました。