能登半島地震 輪島で被災した男性が川崎で新たな店をオープン

能登半島地震で崩壊したビルに自宅が巻き込まれ、妻と娘を亡くした石川県輪島市の男性がかつて夫婦で居酒屋を営んでいた川崎市で新たな店をオープンさせました。

輪島市河井町の楠健二さん(56)は、能登半島地震の際、居酒屋を兼ねた自宅の隣にあった7階建てのビルが倒壊し、妻の由香利さん(48)と長女の珠蘭さん(19)を亡くしました。

地震から半年がたとうとしていますが再建の見通しは立たず、かつて夫婦で居酒屋を営んでいた川崎市で10日新たに店を開きました。

店名は輪島の店と同じ「わじまんま」で、地元の人などが開店前から列を作り、午後5時半に営業が始まると次々に入っていきました。

魚や日本酒は能登半島から取り寄せていて、倒壊した店のあとから見つけ出した鉄板やお皿を使っているほか、地震で止まってしまった時計なども飾っています。

訪れた人たちは、カサゴやヒラメなどに舌鼓を打っていました。

東京 八王子市からきた60代の男性は「能登にはボランティアで行ったことがあり、応援したいという気持ちで来ました」と話していました。

6年前に楠さんが家族で川崎から輪島に移って店を始めたのも10日と同じ6月10日だったということです。

楠さんは「店にいるときだけは気持ちを切り替えて頑張っていけます。お客さんにはお店を通じて輪島のことを知ってもらい、少しでも復興の手助けをできたらと思っています。できるならまた輪島で店をやりたいです」と話していました。