イラン大統領選挙戦始まる 有力候補失格受け疑問呈する報道も

今月28日にイランで行われる大統領選挙は候補者が決まり、選挙戦が始まりました。候補者の資格審査をめぐっては欧米との対話を重視する改革派や穏健派の有力な候補が失格となったことを受け、現地では審査のあり方に疑問を呈する報道が出るなど、波紋が広がっています。

イランでは先月、ヘリコプターの墜落事故でライシ大統領が死亡したことを受けて、今月28日に大統領選挙が予定されています。

イラン内務省は9日、イスラム法学者などで作る「護憲評議会」による資格審査の結果、6人が立候補を認められたと発表し、選挙戦が始まりました。

このうち、欧米と対立を深めてきたライシ政権と同じ保守強硬派からは、軍事精鋭部隊の革命防衛隊の出身でイラン議会のガリバフ議長や、国防や外交を統括する最高安全保障委員会の事務局長を務めたジャリリ氏などが立候補を認められました。

一方、欧米との対話を重視する改革派や穏健派からは、議会の副議長や保健相などを務めたペゼシュキアン氏が認められたものの、ラリジャニ前議長や、ジャハンギリ前第1副大統領など、有力な候補は相次いで失格となりました。

これについて、穏健派や改革派の新聞は10日、一面で最終候補者を紹介せずに、ラリジャニ前議長など失格になった有力候補たちの顔写真を掲げて、「拒否された」という見出しをつけたり、保守的な候補5人と改革派1人の選挙戦であることを強調したりして、資格審査のあり方に疑問を呈していました。

一方、体制寄りの新聞は「誰がライシの道を進むか」といった見出しを掲げ、ライシ政権を継承する保守強硬派が優位に選挙戦を進めることになりそうだという見方を示しています。

テヘランでは市民から不満や失望の声

改革派や穏健派の有力な候補が審査で失格になったことについて、首都テヘランでは市民から不満や失望の声も聞かれました。

このうち、55歳の男性は「発表されたどの候補者も私は認めません。大統領には経済の改善など人々の求めに応える人物がなるべきですが、彼らにそれができるとは思えないからです」と話していました。

そのうえで「もし審査が適切に行われていたら、自分も投票に行ったと思います」と話し、投票に行く考えのないことを強調していました。

また、52歳の女性は「人々に誠実に寄り添い、信頼される人が大統領になることを望みます。そのためには、候補者は人々によって選ばれるべきで、ほかの誰かによって審査されるべきではありません」として、審査のあり方そのものを批判していました。

失格の有力候補 “不明確な仕組み”

失格になった有力候補のうち、穏健派のラリジャニ前議長は10日、SNSで声明を出し「私を選挙に駆り立てたのは、経済の困難な課題や人々の生活に関わる残酷な制裁など、イランが置かれている危機的な状況だった」と、立候補しようとした動機を説明したうえで「護憲評議会が不明確な仕組みによって、この道を進むことを阻んだ」として、資格審査を行った護憲評議会の決定を非難しました。

また、同様に失格になった改革派のジャハンギリ前第1副大統領はSNSに「失格の理由を明らかにするよう求める」と投稿しました。

そのうえで、同じ改革派からただ1人、立候補を認められたペゼシュキアン氏が使っている「イランのために」というハッシュタグも投稿し、選挙戦でペゼシュキアン氏を支持する考えを示したものと受け止められています。