国交省 マツダ本社に立ち入り検査 性能試験で不正

自動車などの大量生産に必要な「型式指定」の取得に関して、自動車メーカーなど5社が不正を行っていた問題で、国土交通省は10日午後、広島県府中町にあるマツダ本社に立ち入り検査を始めました。この問題で10日までに5社すべてで立ち入り検査が行われています。

型式指定をめぐっては、トヨタ自動車、マツダ、ヤマハ発動機、ホンダ、スズキの5社で車やバイクの性能試験での不正が明らかになりました。

この問題で国土交通省は10日午後、広島県府中町にあるマツダの本社に職員4人を派遣し、道路運送車両法にもとづく立ち入り検査を始めました。

マツダによりますと、生産中の2車種では、出力試験でエンジン制御ソフトを書き換える不正があったということで、国土交通省から出荷停止の指示を受けた対象の2車種の生産を6月6日から停止しています。

また、過去に生産していた3車種では衝突試験でエアバッグの作動確認をする際、センサーで自動的に検知するのを確かめる必要があるにもかかわらず、タイマーで作動させていたということです。

国土交通省は今回の立ち入り検査で、型式指定の取得に関する試験のデータや社内ルールの確認、担当者や幹部への聞き取りを行い、詳しい事実関係を調べることにしています。

国土交通省は10日までに不正が明らかになった5社すべてで立ち入り検査を行っています。