カブス 今永昇太 7回途中2失点で今季6勝目 5月1日以来の勝ち

大リーグ、カブスの今永昇太投手がレッズ戦に先発登板し7回途中を2失点に抑え、先月1日以来の勝ち星となる今シーズン6勝目をあげました。

ここまで5勝1敗の今永投手は、9日、相手の本拠地シンシナティで行われたレッズ戦に中4日で先発登板しました。

カブスが1回に3点を先制し、リードを持って1回のマウンドに上がった今永投手は、低めのスプリットで2つのアウトを三振で奪うなどわずが8球でこの回を抑える上々の立ち上がりを見せました。

3回には、先頭バッターのホームランで1点を失ったものの続く4回と5回は力強い速球やキレのある変化球で三振を奪うなど追加点を許しませんでした。

6回まではヒット2本に抑えてチームが4対1とリードして7回を迎えましたが、先頭から3者連続ヒットを許して2点目を失いました。

さらに、1アウト三塁とピンチの場面でしたが、今永投手は続くバッターから空振りの三振を奪う粘りのピッチングを見せ、直後にマウンドを降りました。

このあとリリーフピッチャーが追加点を許さず、今永投手は7回途中2失点で球数は94球、打たれたヒットが5本、フォアボールが1つ、三振は7つ奪い防御率は1.96となりました。

試合はこのままカブスが4対2で勝ち今永投手は先月1日以来の勝ち星で今シーズン6勝目をあげました。

一方、左わき腹の痛みで前の試合を欠場していた鈴木誠也選手はこの試合、2番・指名打者で先発に復帰しました。

鈴木選手は1回にツーベースヒットを打って得点につなげ、4回にはライト前ヒット、9回にもセカンドのグラブをはじくセンター前ヒットを打ち、復帰戦で3安打をマークしました。

鈴木選手が1試合3本のヒットを打ったのは今シーズン3回目で、この日は5打数3安打で打率は2割7分2厘に上がりました。

今永「スムーズさ戻った」

今永投手はここまで与えたフォアボールの数が「11」と規定投球回を投げているナショナルリーグのピッチャーの中で最も少なくなっています。

前回と前々回の登板ではこの生命線とも言えるコントロールが定まらず失点を重ねていて、この日の試合後、今永投手は「とにかく自分の長所を生かすために、高めのまっすぐと低めの落ちる変化球をコントロールよく投げられたことがよかった」と満足そうに振り返りました。

そのうえで、コントロールが改善した要因については「体がベストなコンディションじゃないと通用しない。肩、ひじ、腰など全てを見直して、いいコンディションでマウンドに上がろうと思っていた。スムーズに腕が振れたり、体が回せたりすることが大事できょうはそのスムーズさが戻っていた」と話していました。

そして、「いちばん重視しているのは自分が投げた試合でチームが勝ったか負けたかだ。それに加えて自分もある程度いい投球ができたというのが2番目に来ることなので、いちばんはチームが勝ってよかった」と3連敗中だったチームの勝利を喜んでいました。

鈴木「結果が出ればそれでいい」

鈴木選手は3安打をマークしたことについて「自分のスイングができたかできていないか、それだけだ。いい当たりでもとられる時もある。試合で結果が出ればそれでいい」と冷静でした。

今永投手が投げた試合で結果を残したことについては「試合に入れば自分のやるべきことをしっかりやらないといけない。もちろん打席に入っていない時や守備についている時は応援している。今永さんもチーム状況が苦しい中での登板でプレッシャーもあったと思うので、少しでも貢献できたならよかった」と話していました。