女子ゴルフ国内ツアー 大里桃子が逆転優勝 ツアー3勝目

女子ゴルフの国内ツアーの大会は兵庫県で最終ラウンドが行われ、大里桃子選手が通算12アンダーで逆転優勝を果たし、3年ぶりのツアー3勝目をあげました。

1打差の2位から出た大里選手はバーディー6つ、ボギー1つで回ってスコアを5つ伸ばし、通算12アンダーとして逆転優勝を果たしました。

25歳の大里選手は3年ぶりの優勝でツアー通算3勝目です。

7位から出てスコアを5つ伸ばした山下美夢有選手が2打差2位に入り、吉本ひかる選手、前日首位の内田ことこ選手がさらに1打差の3位でした。

前回大会優勝の岩井千怜選手は通算6アンダーで6位でした。

この大会の結果で、大里選手と吉本選手が8月に行われる海外メジャー大会、全英女子オープンの出場権を獲得しました。

また、大会終了時点のポイントランキングで竹田麗央選手、小祝さくら選手、岩井千怜選手も出場権を得ました。

山下選手は既に出場資格を持っています。