栃木 車から大型犬2頭逃げ出す 現在も見つからず注意呼びかけ

栃木県栃木市にある運動公園の近くで8日夜、ドライブ中の車から大型犬2頭が逃げ出しました。2頭は現在も見つかっておらず、警察が、捜索を続けるとともに、公園の利用者などに対して、見かけても近づかないよう注意を呼びかけています。

8日夜8時半ごろ、栃木市にある藤岡渡良瀬運動公園の近くで、群馬県内に住む47歳の男性が、飼育している大型犬2頭を車に乗せてドライブをしていたところ、2頭が後部座席の窓から逃げ出しました。

警察によりますと、逃げたのは、いずれも「アメリカン・ピット・ブル・テリア」という種類の大型犬のオスとメスで、男性が捜したものの見つからず、9日朝になって警察に届け出たということです。

2頭は、体長がおよそ70センチで、どちらかの犬が電動のボタンに触れて窓が開き、外に逃げ出したということです。

2頭とも狂犬病の予防接種を受けているということです。

公園の近くには住宅街や小学校があり、警察が、捜索を続けるとともに、公園の利用者や付近の住民に対して、見かけても近づかないよう注意を呼びかけています。