韓国 宣伝放送 9日 6年ぶり実施 北朝鮮のごみ風船への対抗措置

韓国軍は、北朝鮮が韓国に向けてごみをぶら下げた風船を飛ばしたことへの対抗措置として、南北の軍事境界線付近で大音量のスピーカーを使った宣伝放送を9日、6年ぶりに実施しました。北朝鮮が強く反発するのは必至です。

北朝鮮は先月から、ごみをぶら下げた多数の風船を相次いで韓国に飛ばし、韓国軍合同参謀本部によりますと、8日夜からもおよそ330個の風船を飛ばしました。

これを受けて韓国政府は対抗措置として2018年以来、中止していた北朝鮮向けの宣伝放送の実施を決定し、韓国軍が9日午後、6年ぶりに放送しました。

宣伝放送は南北の軍事境界線近くに設置した大音量のスピーカーを使って、韓国のニュースや音楽、それに人権の重要性などを北朝鮮の住民や軍人に向けて放送するもので、韓国メディアによりますと、9日はニュースなどが伝えられたということです。

韓国軍は「宣伝放送を今後、追加で実施するかどうかは、全面的に北の行動にかかっている。事態のすべての責任は北にある」と強調しました。

北朝鮮が強く反発するのは必至で、南北の対立が一層深まることが予想されます。