ドジャース 大谷翔平 勝ち越しタイムリー ヤンキースに2連勝

大リーグ、ドジャースの大谷翔平選手が8日、ヤンキース戦で勝ち越しとなるタイムリーヒットを打ちチームの勝利に貢献しました。

ナショナルリーグのドジャースは、相手の本拠地、ニューヨークでアメリカンリーグのヤンキースとの今シーズン最初で最後の交流戦に臨んでいます。

延長戦の末、競り勝った前日の3連戦の初戦はノーヒットだった大谷選手は8日、2番・指名打者で先発出場し1回の第1打席は追い込まれてからアウトコースのカットボールに空振り三振となりました。

1対1で迎えた3回はワンアウト一塁三塁のチャンスで第2打席が回り、アウトコースの153キロの速球を逆らわずにレフト前へ運び2試合ぶりのヒットがタイムリーとなって2対1と勝ち越しました。

しかし、そのウラ、ヤンキースの中軸で大リーグ屈指のスラッガー、ジャッジ選手に今シーズン22号のソロホームランを打たれて2対2の同点に追いつかれました。

このあとドジャースが再び勝ち越し、大谷選手は3対2の6回、先頭バッターで第3打席に入りましたが低めの変化球を打ってサードフライでした。

4対2とリードを広げて迎えた8回は、ノーアウト一塁の場面で第4打席に立ち高めの速球を打ってセカンドゴロの当たりでしたが、相手のエラーで塁に出ました。

このあと満塁となったところで5番のテオスカー・ヘルナンデス選手がこの試合、2本目のホームランとなる満塁ホームランを打って8対2とリードを広げました。

さらに9回はツーアウト一塁の場面で大谷選手に第5打席が回りここでフォアボールを選ぶと、続くフリーマン選手の2点タイムリーツーベースヒットにつながりました。

大谷選手は4打数1安打1打点、フォアボールが1つで打率が3割1分1厘となりました。

試合はドジャースが11対3で快勝し、ヤンキースに2連勝、この3連戦の勝ち越しが決まりました。