吉田正尚 マイナーリーグの試合に出場 復帰に向け調整

左手親指の痛みのためけが人リストに入っているレッドソックスの吉田正尚選手が8日、マイナーリーグの試合に出場し、ことし4月以来の実戦で感覚を確かめました。

吉田選手は4月28日のカブス戦でセンター前ヒットを打った際に左手の親指の付け根を痛めてそのあと、けが人リスト入りしました。

今月1日からフリーバッティングを再開するなど復帰に向けた調整を続けていて、8日はマサチューセッツ州ウースターで行われたレッドソックス傘下の3Aの試合に出場しました。

第1打席でライト前ヒットを打った吉田選手はこの試合4打数1安打でしたが、試合後には久しぶりの実戦を終えて安心した様子で「ピッチャーが投げる球を自分がどう感じられるかを大切にして打席に立った。けがで抜けるということは自分でも想定外だったが、しっかり受け入れてきょうを迎えられてよかった」と話していました。

吉田選手は11日からの本拠地での6連戦の中で復帰する見込みだということで「あとは自分の感覚だったり、チームとコミュニケーションを取ったりしながら最善の選択をしていきたい。早くチームの勝利に貢献したい」と話していました。