名古屋 ビル敷地内に倒れていた男性死亡 賭博疑いで警察捜査中

8日夜、名古屋市の繁華街・栄にあるビルの敷地内で男性が血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。賭博の疑いでこのビルにある店を捜査していた警察官が、店から逃げたとみられる人物を探していたところ、男性を発見したということで、警察は身元の確認を急いでいます。

8日午後9時半ごろ、名古屋市中区栄4丁目のビルの敷地内で、20代から30代くらいの男性が頭から血を流して倒れているのが見つかりました。

男性は病院に搬送されましたが、およそ1時間半後に死亡しました。

警察は当時、賭博の疑いでこのビルの6階にある店を捜査していて、店にいた人物のうち1人の行方がわからなくなったため、店から逃げたとみて探していたところ、警察官が、このビルと隣のビルの間の隙間に倒れている男性を見つけたということです。

警察は、男性が店にいたかどうかについて捜査するとともに、身元の確認を急いでいます。

現場は名古屋市中心部のビルや店舗が立ち並ぶ繁華街です。