自民 森山総務会長 “パーティー券の基準額引き下げは当然”

政治資金規正法の改正に向けて自民党が提出した法案をめぐり、森山総務会長は、公明党の主張を踏まえパーティー券の購入者を公開する基準額をさらに引き下げたのは当然だとしたうえで、今の国会で成立させて国民の信頼回復につなげたいという考えを示しました。

自民党の政治資金規正法の改正案は、パーティー券の購入者を公開する基準額について当初は現在の「20万円を超える」から「10万円を超える」にするとしていましたが、公明党の主張を踏まえ、法律の施行から1年後に「5万円を超える」に引き下げると修正しました。

自民党の森山総務会長は鹿児島市で開かれた党の会合で「公明党が『5万円を超える』ということだったので、しっかり調整させてもらった。迷惑をかけた自民党が迷惑を被ったところの言うことに謙虚に耳を傾けるのは当然だ」と述べました。

そのうえで「参議院で法案の審議が始まっているが、今の国会で間違いなく成立させることができると思っている。何としても成立させ、国民の信頼をしっかり取り戻していくことが今、一番大事な課題だ」と述べました。

一方、森山氏はこのあと開かれた別の会合で、次の衆議院選挙について「いつになるかは誰にも分からない。岸田総理大臣がどう決断するかだ。衆議院は常在戦場と言われているので、いつあってもおかしくない」と述べました。