大阪 池田小の児童殺傷事件からきょうで23年 追悼の集いで誓う

大阪 池田市の大阪教育大学附属池田小学校で8人の児童が殺害された事件から8日で23年となります。学校では追悼の集いが開かれ、遺族や児童などが事件の風化を防ぐことを誓いました。

2001年6月8日、大阪教育大学附属池田小学校に宅間守 元死刑囚が侵入し、児童8人が殺害され、児童13人と教員2人がけがをしました。

事件から23年となる8日、遺族や児童、教職員などあわせておよそ770人が出席して追悼の集いが開かれました。

はじめに亡くなった8人の名前が刻まれた塔の鐘が鳴らされ、全員で黙とうをささげました。

そして、当時6年生の担任だった眞田巧校長が「事件から23年がたち、当時の関係者も学校現場から退く世代になりつつある。事件が風化し、学校安全の取り組みが形骸化しないよう、この日を機会に振り返って改善に努め、学校が安全で安心して学べる場所であるようにこれからも努力を続けます」と述べました。

このあと、児童代表の6年生が「学校生活で学んだ命の尊さや協力することの大切さを生かし、いつか『守られる側』から『守る側』になりたい。学校安全の大切さや命、生きることのすばらしさについてこれからも考え続け、発信することを誓います」と誓いのことばを述べました。

附属池田小学校では不審者に対応する訓練のほか、事件を教訓に「安全科」という授業を設け、子どもたちの命を守るための教育を続けています。

校長「それぞれの学校が自分ごととして対策を」

追悼の集いの後、当時6年生の担任だった眞田巧 校長が取材に応じ、「事件から23年がたちましたが、今でも当時のことが頭をよぎります。亡くなった子どもたちには本当に申し訳なかったと思いますし、われわれが守れなかったのは間違いのない事実です」と話しました。

その上で「どの学校も安全対策に取り組んでいると思いますが、残念ながら今もさまざまな事件や事故が起きています。うちの学校は大丈夫と思ってしまうと次に進まないので、それぞれの学校が自分ごととして考え、地道に対策に取り組んでいくしかないと思います」と話していました。

保護者「忘れてはいけない」

学校の前には献花台が設けられ、訪れた人たちが花を手向けて静かに手を合わせていました。

このうち、小学3年生の息子が池田小学校に通っているという40代の女性は「事件のことを毎年思い出します。当時、私は学生でしたが、今は子どもが同じ小学校に通っているので、『忘れてはいけない』とより強く思うようになりました。二度とこのような事件が起きないよう地域で見守っていきたいです。亡くなられた方の魂が安らかにあってほしいです」と話していました。

文科省の元職員「対応訓練などで備えを」

東京から献花に訪れた、文部科学省の元職員だという50代の女性は「当時は、事件後に設置された対策室で大学の附属小学校に対して安全対策などを周知する業務にあたっていました。亡くなった児童に対しては、楽しく通っていたはずなのに痛い思いをさせてごめんねという思いでいっぱいです。今も子どもを狙った事件や学校に不審者が侵入する事件が起きているので、対応訓練などを通じて備えなければならないと思います」と話していました。