長野 高山村 クマに襲われ女性大けが 県内で被害相次ぐ

8日朝、長野県高山村で女性がクマに襲われ手首をかまれるなどの大けがをしました。長野県内では、クマによる被害が相次いでいて、県は、クマの活動が活発になる明け方や夕方は山に入らないことなどを呼びかけています。

警察によりますと、8日午前4時半ごろ、長野県高山村で近くに住む41歳の女性から「クマに襲われた」と警察に通報がありました。

女性は、新聞配達をしていた際に背後から襲われたとみられていて、右手首をかまれたり背中をひっかかれたりして全治およそ1か月の大けがだということです。

長野県内では、7日夕方、木島平村で男性がクマに腕をかまれるなどして軽いけがをしたほか、今月1日と2日にも2人がクマに人が襲われてけがをしています。

県は、県内全域に「ツキノワグマ出没注意報」を出して、明け方や夕方は、クマの活動が活発になるためこの時間帯は山の中に入らないことや、万一、山に入る際には音の出る鈴などを持って複数人で行動すること、クマの出没が確認されている場所には近づかないことなどを呼びかけています。