尖閣諸島沖 中国海警局の船4隻 1時間半ほど領海内航行し出る

7日午前沖縄県の尖閣諸島の沖合で相次いで領海に侵入した中国海警局の船4隻は、1時間半ほど領海内を航行したあと、すべて領海を出ました。海上保安本部によりますと、いずれも砲らしきものを搭載していて、4隻とも搭載しているのが確認されたのは初めてだということです。

第11管区海上保安本部によりますと、尖閣諸島の南小島の沖合で中国海警局の船4隻が、7日午前10時半ごろから相次いで領海に侵入しました。

4隻は1時間半ほど領海内を航行し、午後0時半までに領海を出ました。

海上保安本部によりますと、いずれも砲らしきものを搭載していたということです。

海上保安本部によりますと、中国海警局の船は4隻で航行する場合、そのうち1隻が砲らしきものを搭載しているケースは多いということですが、今回のようにすべての船が搭載しているのが確認されたのは、初めてだということです。

海上保安本部は、再び領海に入らないよう警告と監視を続けています。

尖閣諸島の沖合で中国海警局の船が日本の領海に侵入するのが確認されたのは5月25日以来で、ことしに入って17件目です。

4隻は7日朝、接続水域に入っていました。

中国海警局の船は接続水域をほぼ毎日航行していて、連続航行日数は去年12月22日から7日にかけて169日と日本政府が尖閣諸島を国有化して以降、最長の連続日数を更新し続けています。

林官房長官「中国側に冷静かつきぜんと対応していく」

林官房長官は午後の記者会見で「中国海警局に所属する船舶による領海侵入は国際法違反であり、外交ルートで厳重に抗議し、速やかにわが国の領海から退去するよう強く求めた。誠に遺憾で受け入れられない。引き続き緊張感を持って尖閣諸島周辺の警戒・監視に万全を尽くすとともに、中国側に対し冷静かつきぜんと対応していく」と述べました。

中国海警局「中国固有の領土 パトロール強化していく」

中国海警局は報道官の談話を発表し、尖閣諸島は「中国固有の領土だ」と改めて主張した上で「国家主権や安全保障、それに海洋権益を守る行動だ」と強調しています。

その上で「中国海警局は、法に従って管轄海域でのパトロールと法執行を強化していく」として今後も日本の領海への侵入を継続していく姿勢を示唆しました。