路線バスに追突 軽ワゴン車の男性死亡 バス乗客2人けが 札幌

2日夜、札幌市白石区で信号待ちで停止していた路線バスに軽ワゴン車が追突し、軽ワゴン車を運転していた男性が死亡しました。バスの乗客2人もけがをして病院に運ばれましたが命に別状はないということで、警察が事故の状況や原因を詳しく調べています。

2日午後8時半ごろ、札幌市白石区栄通17丁目の市道で、信号待ちで停止していた路線バスに軽ワゴン車が追突しました。

警察によりますと、この事故で軽ワゴン車を運転していた男性が意識不明の状態で病院に運ばれ、その後、死亡しました。

路線バスには当時、6人の乗客がいて、このうち2人がけがをして病院に運ばれましたが、いずれも命に別状はないということです。

現場は片側1車線の直線道路で、警察が事故の状況や原因を詳しく調べています。