海自 元海将「正常飛行できず発射失敗したと判断してもいい」

海上自衛隊で司令官を務めた元海将の香田洋二さんは、「映像を見たが正常飛行ができず発射に失敗したという判断をしてもいいと思う」としています。

また、今回の打ち上げについて「北朝鮮の方針では、ことし3基打ち上げる計画ということで、去年11月に成功し、うまくいくかどうかがカギだった。相当慎重にやっていると見ていたが、うまくいかなかった。ことし3基というのは北朝鮮の宇宙技術にとって至上命令ですので、問題が出たことのショックは大きいと思う」と分析しました。

その上で「衛星の打ち上げは画像や電波などの情報を収集する目的で行われるが、今回どういう衛星を打ち上げようとしたのかについても注目する必要がある」と話していました。