神戸元町商店街3人死傷事故 運転手から基準値超えるアルコール

ことし3月、神戸市の「神戸元町商店街」で軽乗用車がアーケード内を走行して別の車と衝突し3人が死傷した事故で、軽乗用車を運転していた87歳のドライバーの血液から、基準値を超えるアルコールが検出されたことが捜査関係者への取材で分かりました。ドライバーは「事故の前に飲んだ記憶はありません」と話しているということで、警察は事故の詳しいいきさつを調べています。

ことし3月、神戸市中央区の「神戸元町商店街」で軽乗用車がアーケード内を走行して、清掃作業の車と衝突し
▽軽乗用車の助手席に乗っていた当時82歳の女性が死亡したほか
▽運転していた87歳の夫が複数の骨を折る大けがをしました。

また
▽衝突された車に乗っていた会社員もけがをしました。

捜査関係者によりますと、その後の捜査で運転していた夫の血液を調べたところ基準値のおよそ2倍の濃度のアルコールが検出され、警察は27日、自宅を捜索したということです。

警察の聞き取りに対し夫は「事故の前に飲んだ記憶はありません」と話しているということです。

また、事故の直後は「車が暴走した」などと話していましたが、その後、「ブレーキと間違えてアクセルを踏み込んでしまった」などと説明しているということです。

警察は事故の詳しいいきさつを調べています。