パワーウインドー事故 母親“子ども乗車場所以外の窓閉めた”

21日、東京 練馬区で車の後部座席に乗っていた2歳の女の子が「パワーウインドー」に首を挟まれて死亡した事故で、車を運転していた母親が、「換気のために窓を開けたあと、子どもが乗っていた場所以外の窓を閉めたと思う」と説明していることが捜査関係者への取材でわかりました。チャイルドシートのベルトは締めていなかったということで、警視庁が詳しい状況を調べています。

21日、東京 練馬区で母親が運転する車の後部座席に乗っていた2歳の女の子が電動で上下する窓ガラス「パワーウインドー」に首を挟まれて死亡しました。

これまでの調べによりますと、女の子は運転席側の後部座席に乗っていて、母親は「声をかけても反応がなかったので、後ろを確認したら挟まっていた」と話しているということです。

さらに「車で出発するときに換気のために4つの窓を開けた。その後、娘が乗っていた場所以外の3つの窓を閉めたと思う」と説明していることが捜査関係者への取材でわかりました。

女の子はチャイルドシートに乗せていましたが、ベルトは締めていなかったということです。

警視庁は、母親が誤って女の子側の窓も閉めた可能性があるとみて詳しい状況を調べています。