市道脇の規制標識倒れ 小1女子児童が顔に軽いけが 大分 日田

大分県日田市の市道脇の規制標識が倒れ、近くを歩いていた女子児童が顔に軽いけがをしました。警察が当時の状況を詳しく調べています。

警察によりますと15日午後3時半ごろ、日田市三和の市道で「規制標識が倒れて子どもがけがをした」と通報がありました。

けがをしたのは市内の小学校に通う1年生の女子児童で、倒れてきた標識が顔に当たったとみられ、けがの程度は軽いということです。

女子児童は当時、数人の児童と一緒に下校途中で、ほかの児童にけがはなかったということです。

倒れた標識は駐車禁止と制限速度を示す直径60センチの規制標識で、高さおよそ4メートルのポールは根元から折れていたということです。

警察が当時の状況を詳しく調べています。