自民 下村氏“岸田首相は森元首相にさらに聴き取り行うべき”

自民党の派閥の政治資金パーティーをめぐる問題で党員資格停止の処分を受けた下村 元政務調査会長は、講演で、岸田総理大臣は真相解明に向けて安倍派の前身の派閥で会長を務めていた森 元総理大臣に対しさらに聴き取りを行うべきだと主張しました。

自民党の下村 元政務調査会長は国会内で講演し、今回の問題で1年間の党員資格停止の処分を受けたことについて「政治的な責任があるので甘受したが真相解明がないままスケープゴートのような形で処分され、このまま終わることは納得できない」と述べました。

そのうえで「安倍派が森派だった時に今のようなスキームができていたことは報道などで明らかだ。岸田総理大臣は森 元総理大臣に経緯について国民が納得できるような聴取をする必要がある」と述べました。

そして「岸田総理大臣は『国民や党員に評価してもらう』と発言し自身は処分しなかったが責任を取るべきだ」と述べました。