SNS通じ投資勧誘 約6億6000万円の被害 詐欺事件で捜査 兵庫

兵庫県内の70代の男性が著名な証券アナリストなどを名乗る人物からSNSを通じて投資の勧誘を受け、合わせておよそ6億6000万円をだまし取られました。警察は詐欺事件として捜査するとともに注意を呼びかけています。

捜査関係者によりますと、兵庫県内に住む70代の男性はことし2月、SNSで投資について情報交換するグループチャットに突然、追加され、実在する著名な証券アナリストやそのアシスタントを名乗る人物から、金への投資を持ちかけられたということです。

男性はSNSでやりとりを重ね、およそ1か月の間に指定された複数の口座におよそ20回にわたって、合わせておよそ6億6000万円を振り込んだということです。

その後、男性が出金しようとしたところ、税金を支払うよう要求されたことなどから不審に思い、被害が発覚しました。

警察が兵庫県内で把握しているSNSによる投資名目の詐欺の被害額としては、これまでで最も多いということです。

警察は詐欺事件として捜査するとともに、SNSで有名人をかたった投資名目の詐欺の被害が各地で相次いでいるとして注意を呼びかけています。