首都高湾岸線 3台衝突事故 1人死亡2人けが トラック運転手逮捕

14日夕方、川崎市の首都高速道路湾岸線で乗用車2台にトラックが衝突して1人が死亡、2人が大けがをした事故で、警察はトラックを運転していた28歳の会社員を過失運転傷害の疑いで逮捕しました。事故当時、乗用車の3人は車の外にいたということで、警察は事故の詳しい状況を調べています。

14日午後5時45分ごろ、川崎市川崎区扇島の首都高速道路湾岸線で、追い越し車線に止まっていた乗用車2台に、後ろから走ってきたトラックが衝突しました。

警察によりますと、この事故で乗用車を運転していた28歳の男性が、横浜市内の病院に救急搬送されましたが、およそ2時間半後に死亡したということです。

また、もう1台の乗用車のいずれも24歳の男性と女性が、足の骨を折る大けがをしました。

警察はトラックを運転していた横浜市緑区の会社員、池田匠吾容疑者(28)を過失運転傷害の疑いで、その場で逮捕しました。

警察の調べに対して「車道上で停止していた車に衝突する事故を起こしたことに間違いはない」と話し、容疑を認めているということです。

警察によりますと、事故が起きたとき乗用車の3人は車の外に出ていたということで、さらに詳しい状況を調べています。

この事故の影響で、首都高速道路湾岸線は大黒ジャンクションと東扇島の出入り口の間で通行止めが続いています。

現場の状況は

14日午後7時ごろにNHKのヘリコプターが首都高速道路湾岸線の上空から撮影した映像では、車体の後ろの部分が壊れた白色の乗用車が横転し、近くには前の部分が壊れたトラックが斜め向きに止まっているのがわかります。

周辺には車の破片が散乱し、警察官が事故の状況を調べたり交通規制を行ったりしている様子が確認できるほか、近くで複数の救急車が待機しているのがわかります。