政治資金規正法改正 首相 自民で法案作成進め公明に示す意向

政治資金規正法の改正をめぐり、岸田総理大臣は公明党の山口代表に対し、自民党として法案の作成を進め、公明党側に示したいという意向を伝えました。これに対し山口氏は、野党の考え方も聴きながら幅広い合意形成を目指す努力が必要だと主張しました。

総理大臣官邸で行われた会談で、岸田総理大臣と公明党の山口代表は、政治資金規正法の改正をめぐって意見を交わし、今の国会で法改正を実現する方針を改めて確認しました。

その上で岸田総理大臣は、自民・公明両党が先にまとめた与党案の概要では、パーティー券の購入者を公開する基準額などで溝が埋まっていないことを踏まえ、自民党として法案の作成を進め、公明党側に示したいという意向を伝えました。

これに対し山口氏は、野党の考え方も聴きながら幅広い合意形成を目指す努力が必要だと主張しました。

このあと山口氏は記者団に対し「自民・公明両党でとりまとめたことをそのまま法案にするのは、法技術的に難しいという認識がある。自民党がどう法案を作るのかはっきりしないので、示されればよく点検したい」と述べました。