ミャンマー サイクロン被害から1年 被災地では戦闘も激化

ミャンマーで450人以上が死亡した大型サイクロンの被害から、1年となりました。被災地ではその後、軍と少数民族の武装勢力との戦闘も激化していて、UNHCR=国連難民高等弁務官事務所では災害と戦闘による避難民のさらなる増加を懸念しています。

ミャンマーでは去年5月14日、大型のサイクロンが上陸し、西部ラカイン州を中心に少なくとも455人が死亡し、およそ790万人が影響を受けたとみられています。

その被害からの復興もままならないうちに、ラカイン州では去年秋以降、少数民族の武装勢力が軍への攻撃を開始し、戦闘が激化しています。

国連によりますと、ラカイン州では今月の時点で35万人あまりが新たに戦闘で家を追われ、国内避難民になっているということです。

UNHCRアジア・太平洋地域事務所のバローチ報道官はNHKの取材に「復興の途上で戦闘が始まり、被災者は二重苦、三重苦となっていて、悪循環に終わりは見えない。戦闘が終わらないかぎり、人々が普通の生活を取り戻すことは難しい」と話していて、避難民のさらなる増加を懸念しています。