岸田首相襲撃事件からまもなく1年 警察庁長官「警護万全図る」

去年、和歌山市で選挙応援中の岸田総理大臣の近くに爆発物が投げ込まれた事件からまもなく1年になるのを前に、警察庁の露木康浩長官は11日の記者会見で、実践的な訓練や先端技術の活用などを通じて警護の万全を図っていく考えを改めて示しました。

露木長官は、和歌山市で選挙応援中の岸田総理大臣の近くに爆発物が投げ込まれた事件から今月15日で1年になるのを前に、警察の取り組み状況について11日の記者会見で問われ「事件の発生を許したことは重く受け止めなければならないと改めて思う。事件では、警察と演説会の主催者との連携のあり方や、聴衆の安全の確保が課題として浮き彫りになった」と述べました。

露木長官は、演説会などの主催者に要請して警護の対象と聴衆との間隔を空けてもらったり、警察と主催者が合同で避難誘導の訓練を実施したりしているケースがあるとした上で、「警護中の要人に対する襲撃を許すことは二度とあってはならない。実践的な訓練と、先端技術を導入した資機材の活用などを通じて警護の高度化を図り、今後の選挙も見据えて警護の万全を図っていく」と述べました。