東京 恵比寿 約36年ぶりビール製造再開 新たな醸造所オープン

かつてビールの工場があり、地名の由来にもなった東京 恵比寿で、新たに整備されたビールの醸造所が3日にオープンし、およそ36年ぶりにこの地でのビールの製造が再開されました。

新たな醸造所は、大手ビールメーカーのサッポロビールが東京 渋谷区恵比寿の複合施設におよそ17億円をかけて整備しました。

3日は記念のセレモニーが行われ、渋谷区の長谷部健 区長が「地元産のビールができてうれしい。名所となるよう、区としても背中を押したい」とあいさつしたあと、関係者がテープカットをしてオープンを祝いました。

この醸造所は、年間130キロリットルのビールを製造でき、訪れた人がビール造りの様子をガラス越しに間近で見られるほか、できあがったビールを飲むことができるバーなどが併設されています。

恵比寿では、メーカーの前身の会社がビールの醸造施設を設けて1890年から販売を始め、ブランド名が駅や地区の名前の由来にもなりましたが、工場増設の面での課題などから1988年に閉鎖されていて、この地でビールの製造が再開されたのはおよそ36年ぶりです。

メーカーでは、年間25万人の来場を見込んでいて、去年10月の酒税改正に伴い税率が引き下げられたビールの販売拡大につなげたい考えです。

サッポロホールディングスの尾賀真城 社長は「新たに提供するビールはおいしさだけでなく歴史も感じてもらいたい。今後も地域と密接に関わるメーカーとして街と一緒に歩んでいきたい」と話していました。