杖立温泉に約3000匹 恒例の「鯉のぼり祭り」熊本 小国町

端午の節句を前に、熊本県小国町の杖立温泉では、恒例の「鯉のぼり祭り」が始まり、およそ3000匹のこいのぼりが上がっています。

杖立温泉では観光客に楽しんでもらおうと、地元の観光協会が40年以上前から毎年杖立川の両岸にひもをわたし、3000匹のこいのぼりを上げる「鯉のぼり祭り」を行っています。

初日の1日は子どもたちの健やかな成長を祈って神事が行われました。

こいのぼりは800メートルほどの長さにわたり上げられていて、訪れた人たちは青空のもと、色とりどりのこいのぼりが風を受けて元気に泳ぐ姿を写真におさめるなどしていました。

福岡県から5歳の息子と訪れた女性は「晴れた中、たくさんのこいのぼりを見ることができてとても気持ちがいいです。息子には元気にすくすく育ってほしいです」と話していました。

鯉のぼり祭りは5月6日まで行われ、午後7時から10時まではライトアップも行われます。