日中に特化し救急活動 「デイタイム救急隊」 川崎市で運用開始

人口の増加に伴って救急出動が日中の時間帯に集中している川崎市で、日中の活動に特化した「デイタイム救急隊」の運用が4月1日から始まりました。

川崎市消防局によりますと、市内の人口の増加に伴って救急出動が増え続ける傾向にあり、おととしは特に午前8時から午後6時までの日中の時間帯の通報が夜間の1.8倍の4万6000件余りにのぼりました。

増える日中の通報に対応するため、武蔵小杉駅の周辺地域を管轄する中原消防署に、4月1日から日中の時間帯に限定して活動する「デイタイム救急隊」が新たに設置されました。

発隊式で、喜熨斗千織隊長が救急車に取り付ける隊のロゴが入ったステッカーを受け取ったあと、熊谷智子署長から「市民サービスの向上に取り組んでほしい」と訓示を受けました。

「デイタイム救急隊」は東京消防庁などでもすでに導入されていて、川崎市消防局は来年度も隣接する区の消防署で1隊さらに増やすことにしています。

熊谷署長は「暖かい日が続き、行楽シーズンを迎えて外出や飲酒の機会が多くなるので、けがなども増える可能性があります。皆さんには適時・適正な救急利用をしてほしい」と話していました。