国民 玉木代表 立民との政策協議 前向きに検討の考え

国民民主党の玉木代表は、立憲民主党との間で、安全保障や憲法などをテーマに政策協議を行うことついて前向きに検討する考えを示しました。

国民民主党の玉木代表は、26日の記者会見で、25日夜、立憲民主党の泉代表と会談したことを明らかにし「ガソリン減税の取り扱いなどについて率直に意見交換した。また今の政治に対する不信感をただしていくため、政治資金規正法の改正などで力を合わせていくことは賛成だ」と述べました。

そのうえで「さらに踏み込んで協力するならば、基本的な政策である程度、方向性を一致させることが必要だ。安全保障や原発を含むエネルギー政策、憲法観などはお互いどのような考えを持っているのかコミュニケーションをとることが大事だ」と述べ、両党で政策協議を行うことについて前向きに検討する考えを示しました。