米海軍イージス艦が沖縄 石垣島に初入港 港湾労組がストへ

アメリカ海軍のイージス艦が11日、補給などを行うとして沖縄県の石垣島に初めて入港しました。地元では、抗議のために港湾労働組合が午後1時からストライキを行っていて、影響が島の物流に広がる可能性があります。

石垣島に入港したのはアメリカ海軍のイージス艦「ラファエル・ペラルタ」です。

アメリカ軍は、日米地位協定に基づいて、11日から補給や乗組員の休息を目的に石垣市に入港を打診し、市は当初、安全に使用できる岸壁がないなどとして認めませんでしたが、その後、沖合への停泊を許可し、11日朝、入港しました。

このイージス艦は対空ミサイルや巡航ミサイルなどを備えていて、沖縄県によりますと、県内で民間利用されている港にアメリカ軍のイージス艦が入港するのは、石垣島も含めて初めてだということです。

関係者によりますと、13日まで停泊し、この間、乗組員が上陸して地元の施設への訪問などが予定されているということです。

沖縄県は、緊急時以外は民間利用されている港へのアメリカ軍の入港を自粛するよう求めていて、港湾労働者でつくる労働組合は、抗議のために11日午後1時から石垣港でストライキを行っていて、影響が島の物流に広がる可能性があります。

イージス艦艦長「休息・補給が目的 ご理解を」

アメリカ海軍は11日、石垣港に入港したイージス艦「ラファエル・ペラルタ」の内部を報道陣に公開しました。

アメリカ海軍の担当者は、報道陣にミサイルの垂直発射装置や主砲、レーダーなどの説明を行ったあと、操だ室などを案内しました。

艦内で取材に応じた艦長のスティーブン・ザクタ中佐は「日常的に西太平洋地域をパトロールしていて、その間に必要な休息、補給をする目的で寄港した。特別な理由はなく、石垣でなければだめだという理由はなかった。賛成や反対などの意見もあると思うが、ご理解していただきたい」と話していました。