日本農業賞表彰式 農業経営に意欲的に取り組んだ団体など表彰

農業経営に意欲的に取り組み、優れた功績をあげた農家や団体を表彰する「日本農業賞」の表彰式が東京のNHKホールで開かれました。

53回目となる「日本農業賞」は、JA全中=全国農業協同組合中央会とNHKが主催しています。

東京・渋谷のNHKホールで開かれた表彰式では、JA全中の山野徹会長が「資材が高止まりするなど、農業を取り巻く環境には、向かい風が吹いている。こうした中で、日本農業のトップランナーと言うべき経営や技術、地域をけん引してきた取り組みに心から敬意を表するとともにお祝い申し上げる」とあいさつしました。

また、来賓として出席した坂本農林水産大臣は、「これまでの努力と研さん、農業への多大な貢献に対し、深く敬意を表する。引き続き、我が国の農業の発展をけん引する大きな力となることを期待している」と述べました。

今回、大賞を受賞したのは「個別経営の部」では、
▽宮城県栗原市の「川口グリーンセンター」の白鳥正文さん
▽前橋市の須藤晃さん、淳子さん夫妻
▽長野県松本市の「かまくらや」の藤本孝介さんです。

また、「集団組織の部」では、
▽福島県昭和村の「JA会津よつばかすみ草部会」
▽愛知県西尾市の「西尾鉢物出荷組合」
▽岡山県吉備中央町の「JA岡山加茂川ぶどう部会」がそれぞれ受賞しました。

また、特別賞は、
▽「個別経営の部」では山梨県韮崎市の「ぶぅふぅうぅ農園」の中嶋千里さん
▽「集団組織の部」では神戸市の「こうべ旬菜部会」がそれぞれ選ばれました。