“日本で学んだ技能生かして” 母国での就職支援 インドネシア

日本で技能実習生などとして働いたあと帰国したインドネシア人の母国での就職を支援するイベントが現地で開かれ、日本とインドネシアの両政府は学んだ技能を生かして現地の発展にも貢献してもらいたいとしています。

インドネシアの首都ジャカルタで開かれたイベントには、技能実習生として日本で建設業や製造業などの分野で働いた経験がある人や、EPA=経済連携協定に基づいて介護福祉士や看護師として働いていた人などオンラインも合わせておよそ600人が参加しました。

イベントでは、帰国人材を求める16の日系の企業や病院などが、日本で培った技能や高い日本語能力を生かしてほしいと呼びかけました。

日本の厚生労働省によりますと、去年10月末の時点で日本で働いているインドネシア人は12万人余りで、国別では6番目に多くなっています。

しかし帰国後、日本での経験を生かせないでいる人も多く、いかに技能を生かせる就職先とつなぎ、母国の発展にも貢献してもらえるかが課題となっています。

技能実習生として長崎県の建設業で働いていた男性は「インドネシアの日系企業で学んだスキルを生かせると思う」と話していました。

在インドネシア日本大使館で労働分野を担当している佐々木裕紀さんは「今後も日本で多くのインドネシア人に活躍してもらうためには帰国人材が活躍している姿をみせていくことが必要だ」と話していました。