北朝鮮 キム総書記 工場着工式に出席 地方格差の是正アピール

北朝鮮が各地に工場を建設し、今後10年以内に地方の生活水準を改善させるとした政策を進める中、キム・ジョンウン(金正恩)総書記は1か所目となる工場の着工式に出席し、首都ピョンヤンと地方の格差を是正していく姿勢をアピールしました。

29日付けの北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は、西部ピョンアン(平安)南道で工場の着工式が28日開かれ、キム・ジョンウン総書記が出席したと伝えました。

北朝鮮は20の地域で毎年工場を新設し、今後10年以内に、地方の生活水準を飛躍的に改善させるとした「地方発展20×10政策」をことしから進めていて、今回着工したのは1か所目の工場になるということです。

演説したキム総書記は「長い間、中央と比べて地方は取り残されたままだ。国民の大多数を占める地方の人民たちの暮らしを改善するのは国の切迫した重大事だ」と述べ、首都ピョンヤンと地方の格差を是正していく姿勢をアピールしました。

この政策をめぐって、韓国統一省は、長引く経済制裁などの影響でピョンヤンと地方の格差が一段と深刻になっていることが背景にあるとの見方を示しています。