投資詐欺事件で国際手配の元副社長 複数の国を転々と移動か

海外向けの果物などの販売事業をめぐる投資詐欺事件で国際手配され、インドネシアで拘束された岡山県の観光農園運営会社の元副社長について、現地の警察などが本人を立ち会わせた上で記者会見を行い、複数の国を転々としていたとみて調べていることを明らかにしました。

日本で海外向けの果物などの販売事業をめぐる投資詐欺事件に関わったとして日本の警察がICPO=国際刑事警察機構を通じて国際手配をしていた、岡山県の「西山ファーム」の元副社長、山崎裕輔容疑者(43)は1月、ボートに乗ってインドネシアからマレーシアに違法に出国しようとしたとして、現地の当局に身柄を拘束されました。

インドネシアの警察と入国管理局は22日、拘束した場所に近い西部のバタム島で元副社長を立ち会わせた上で記者会見を行いました。

会見で警察などは元副社長が4年前に日本を出国したあと、香港やタイ、トルコ、そしてインドネシアなど6つの国と地域を転々としていたとみて調べていることを明らかにしました。

元副社長は、報道陣からの問いかけに対し、インドネシアでの生活について「特に何もせず、家にいた」と話しました。

「西山ファーム」をめぐっては、元幹部や勧誘役が海外で果物を販売する事業の投資話などを持ちかけ顧客から違法に金を集めたとして出資法違反の罪で有罪判決を言い渡されています。

警察は、元副社長が事件で中心的な役割を果たしたとして行方を捜査していました。