南海トラフ巨大地震など大規模災害に備え 道路の復旧訓練 高知

南海トラフ巨大地震などの大規模災害に備えて高知県越知町で立往生した車が道を塞ぎ、緊急車両が通行できなくなった道路を復旧する訓練が行われました。

南海トラフ巨大地震などの大規模災害に備えて国土交通省や県、それに警察などは、毎年、合同で訓練をしていて、越知町で行われた20日の訓練にはおよそ60人が参加しました。

訓練は散乱したがれきや、立往生した車が道路を塞ぎ、緊急車両が通行できなくなったという想定で始まりました。

まず、はじめに警察の交通機動隊のオフロードバイクが、がれきを乗り越えながら道路の被害状況を確認しました。

その後、道路を塞いでいた車を重機でつり上げて撤去したり、壊れた道路の段差を土のうで埋めたりして、緊急車両が通行できるようにするまでの作業を確認していました。

土佐国道事務所の森山崇所長は「高知県には、能登半島と同じような地形があります。南海トラフ巨大地震はいつ起きてもおかしくないので、関係機関と連絡を密に取り、万全の体制で臨みたい」と話していました。