住宅火事 2人の遺体 90代夫婦と連絡取れず 三重 鈴鹿

18日未明、三重県鈴鹿市の住宅で火事があり、焼け跡から2人が遺体で見つかりました。この家に住む90代の夫婦と連絡が取れなくなっているということで、警察は遺体の身元の確認を急ぐとともに、火事の詳しい原因を調べています。

18日午前3時45分ごろ、三重県鈴鹿市野村町で、「家から火の手が上がっている」と近くに住む人から警察に通報がありました。

消防車6台が出て消火に当たり、火はおよそ2時間後に消し止められましたが、樋口武光さん(90)の木造の住宅が焼け、焼け跡から2人が遺体で見つかりました。

この家には樋口さんと妻のせつ子さん(92)が2人で暮らしていたとみられ、火事のあと2人と連絡が取れなくなっているということです。

警察は遺体の身元の確認を急ぐとともに、火事の詳しい原因を調べています。

現場は伊勢鉄道の鈴鹿サーキット稲生駅から東に1キロほど離れた住宅や田んぼが点在する地域です。