スキー中の6歳女児が重体 後ろ向きに建物衝突 長野

17日、長野県山ノ内町のスキー場で、6歳の女の子がスキーをしている最中に建物に衝突し、頭の骨を折るなどして意識不明の重体になっており、警察が詳しい状況を調べています。

17日午前10時半ごろ、長野県山ノ内町にあるスキー場で、「スキーをしていた女の子が建物にぶつかった」と消防に通報がありました。

警察や消防によりますと、女の子はドクターヘリで県内の病院に運ばれて手当てを受けており、頭の骨を折るなどして意識不明の重体だということです。

女の子は新潟県阿賀野市に住む6歳の保育園児で、家族とスキーに来ていて、滑っている最中に後ろ向きになってしまい、そのままスキー場内の建物に衝突したということです。

警察が当時の詳しい状況を調べています。