韓国 キューバと外交関係を樹立と発表 北朝鮮の友好国

韓国政府は、北朝鮮の友好国である中米のキューバと外交関係を樹立したと発表しました。韓国メディアは、両国が北朝鮮による妨害の可能性を考慮して水面下で交渉を進めたと伝えています。

韓国外務省の発表によりますと、アメリカ・ニューヨークで14日、韓国とキューバの国連代表部が外交関係を樹立することで合意したということです。

両国は1959年のキューバ革命後に交流が途絶えましたが、2016年、当時の韓国の外相がキューバを訪れて外交関係の樹立に意欲を示しました。

また、ユン・ソンニョル政権発足後の去年6月には、豪雨で大きな被害が出たキューバに30万ドル規模の人道支援を行うと発表するなど、韓国はキューバとの関係改善に力を入れる姿勢を示していました。

一方で、キューバは北朝鮮の友好国で、韓国の通信社、連合ニュースによりますと、北朝鮮による反発と妨害の可能性を考慮して、両国は水面下で交渉を進めたということです。

韓国外務省は今後、双方が公館の開設を協議するとしていて「両国間の経済協力拡大と企業進出支援のための基盤を整えていく」と強調しています。