佐賀 町営住宅で火事 焼け跡から2人の遺体 住人の80代夫婦か

14日未明、佐賀県基山町の集合住宅の1室で火事があり、焼け跡から2人が遺体で見つかりました。
火事のあと、この部屋に住む80代の夫婦と連絡が取れなくなっていて、警察が身元の確認を進めるとともに、火事の原因を調べています。

14日午前2時半ごろ、佐賀県基山町小倉で「何かが燃えている」と付近の住民から消防に通報がありました。

消防が駆けつけたところ、4階建て町営住宅の1階にある1室が燃えていて、消火活動にあたった結果、火はおよそ2時間後に消し止められましたが、焼け跡から2人が遺体で見つかりました。

警察によりますと、この部屋には鳥飼文男さん(87)と80代の妻が2人で暮らしていて、火事のあと連絡が取れていないということです。

警察は亡くなったのがこの2人とみて、身元の確認を進めるとともに、火事の原因を調べています。

現場はJR鹿児島本線の基山駅から北に1キロほど離れた、住宅などが建ち並ぶ地域です。