UNRWA事務局長 資金拠出停止の動き受けEU会議で支援継続を訴え

ガザ地区の支援を担っているUNRWA=国連パレスチナ難民救済事業機関への資金拠出を停止する動きが広がっていることを受け、ラザリーニ事務局長は12日、EU=ヨーロッパ連合の閣僚級の会議で支援の継続を訴えました。

UNRWAの一部の職員がハマスによるイスラエルへの攻撃に関与した疑いを受けて、EU加盟国のなかでは、ドイツやオランダ、スウェーデンなど一部の国が資金の拠出を一時的に停止すると表明しているほか、EUとしても来月以降の拠出についての決定は国連が行う調査結果に照らして見直すとしています。

こうした中、UNRWAのラザリーニ事務局長は12日、ベルギーで行われたEU加盟国の開発協力担当の閣僚などによる会議に参加し、支援の継続を訴えました。

会議のあとの記者会見でラザリーニ事務局長はイスラエルがガザ地区南部のラファでの地上作戦を行う構えを見せていることについて「パニックと不安が広がっている」と述べました。

そしてUNRWAが活動できなくなった場合、教育の機会を奪われた多くの子どもたちが憎しみを募らせ、地域の平和や安定がいっそう難しくなるとして活動を支えるようEUや各国に訴えました。